池袋の風俗店で詐欺にあった、示談書や対応について教えて


最近急増!池袋の風俗店&キャッチ(客引き)の詐欺・ぼったくり

最近、池袋でキャッチに勧誘され、風俗店で詐欺まがい被害やぼったくりにあったという相談がとても増えています。

けっこう手が込んでいるので詳しく書いてみたいと思います。
だいたいパターンは次のような感じです。

 


地方からの出張で繁華街に出ていたら、愛想のいいキャッチ(客引き)につかまり、開放感も手伝いうっかり話を聞いた。

すると、「うちで紹介するデリヘルはキャッシュバックがある」、「AV女優が在籍している」、「本番ができる」・・・など美味しそうな話が次々と。

そうして甘いトークにまどわされ、あとで半額キャッシュバックされるという話を信じてしまい、4万円を払ってホテルで待機することに・・・

15分くらい待って紹介されたデリヘルから女の子が到着。

「お客さん。前金で2万円です。」

「は?さっき客引きの人に4万円払ったよ」
と少し動揺しながら抗議。

すると女いわく、
「お客さん。うちは客引き業者とはつきあってないです。その男の人と店は関係がない。うちの店が名前を勝手に使われたのかも。」

キャッチにだまされたのか、もしかしたらグルなのか・・・色々な考えが頭をかけめぐるが、とりあえずそう言われたら、どうしようもない。
そこに女がたたみかける。

「お客さん。お店には内緒だけど、あと1万円追加してくれたら本番してもいいよ。ぜんぶで3万円になるけどある?」

ここで帰ればいいのに、悲しいかな、期待感いっぱいで待っていたため欲情を打ち消すことができず、うさんくさいと感じつつ、結局3万円を払ってサービスを受けることに・・・

しかし、本当のトラブルはそれからだった。

終了時間になって、男性スタッフが女性を迎えに来た。
男性スタッフはドアから部屋をながめるとゴミ箱に近づき、コンドームを指差して女性に言った。

「おい、本番やったのか!?あれほど禁止だと言っただろ!」

女性はすいませんという顔をしてうなだれている。(うさんくさい。)
それから、男性スタッフはこちらに向かって言った。

「お客さん。女性もお客さんも違反行為として罰金を支払っていただかないといけません。お店のホームページにも50万円と書いてありますので。」

(えっ!?そんな、50万円なんて!?)

「うちとしても警察をよんで、おおごとにするのも面倒なんで、できれば穏便に収めたいと思います。今日のところは、とりあえず免許証を預かりますから、この示談書にサインしてください。」

(こんなもんサインできるかー)と心のなかでさけびつつ、不安と恐怖からその場を早く逃れたいという思いで、不覚にも言われるまま免許証を預け、示談書にサインしてしまった・・・・・・

こうしてAV女優、キャッシュバック、本番可という巧妙なトークに騙され、結局、キャッチと風俗店とで計7万円を払ったあげく、さらに50万円を罰金として請求されるはめになった。



いかがでしたでしょうか。
最近、池袋北口や西口界隈でこういうご相談が大変多くなっています。

もともとぼったくりといえば新宿歌舞伎町でしたが、最近では池袋の方が多い印象があります。

けっこう手が込んでいるので、こういう目にはじめてあったお客は何がなんだからわからない状態になります。

 

それでは、細かく見て行きましょう。

 

 

やはり詐欺でしょうか?はめられたのでしょうか?

このケースに限っていえば十中八九詐欺と言っていいでしょう。

キャッチ(客引き)と風俗店は仲間、女性もあらかじめ打ち合わせに従ってやっていると思われます。
同じようなパターンの話が相談で増えていますから、あらかじめ計画されたストーリーと考えていいでしょう。(振り込め詐欺と同じで、その時々で流行りのストーリー、くりかえされるストーリーがあります。)

 

 

風適法違反や詐欺罪は?

それでは、相手を何らかの法律違反を問うことはできないでしょうか。

まず、風俗営業店がキャッチ、客引き行為をするのは風俗営業法違反となりますが、このケースではキャッチ(客引き)が仲介業者ということになっていますので、風俗営業法(風適法)で摘発される可能性はありません。

しかし、本番行為ができるという勧誘がある場合、客引き行為は東京都迷惑防止条例で検挙される可能性があります。
ただ、残念なことに、気づいたときにはキャッチはどこかにいってしまって、警察が介入できるケースは滅多にないのが実情です。

詐欺罪はどうか?
これも言い逃れされてしまいます。
店はキャッチとうちは関係ないとしらを切ります。
また、女性が店と打ち合わせていたとしても、その証拠はありません。
逆に客の方は、下手をすると女性から「この客に無理やりやられそうになった」などと、でたらめを言われるのではないかという不安もあります。

その場で110番する人もおられますが、地域係のおまわりさんは、暴力沙汰でなければ、示談なので話し合って下さいといって帰ってしまいます。

ではどうするか。
冷静に考えれば、キャッチに払ったお金はまず返ってきません。
あとは50万円の支払いを断固拒否するか、支払って示談書を取っておくかの選択になります。
免許証を預けてしまった人は、無視するという選択はありません。

 

 

示談すべきかどうかと示談書について

1、示談したほうがいいか、お金を払ってもだいじょうぶか

会社の出張で来たという方の場合、会社にバレたらどうしようという心理も働き、あまりことを大きくしたくないとう気持ちが強く働きます。
また、会社の連絡先を相手の用意した念書に書かされてしまったというケースも少なくなくありません。
そうした場合、やむをえず示談金を払って念書や個人情報のコピーは返してもらおうという方は当方の実感で半数以上おられます。

実際、名刺を渡してしまったケースなどで、会社に「〇〇さん、いますか?」などと電話をかけられたというケースもあるので、無視するのもけっこうなプレッシャーになります。

さて、損害賠償義務がなくても、早期解決のため「解決金」として金銭を払って示談として終わらせるということは、じつは男女関係トラブルではよくあります。

わかりやすい例が電車の痴漢における示談です。
痴漢を認めるわけではないが、早く終わりにするため解決金としてお金を払って示談するという方法です。

同じように、風俗店トラブルでも、損害賠償義務がなくても、面倒な相手とのトラブルを終わらせたいと言う目的で示談書を作ることは珍しくありません。

ですから、免許証や念書と引き換えに、新しいちゃんとした示談書を作って、お金(解決金)を払うというのは、状況によって意味のある選択です。

 

 

2、二度とぼったくりや詐欺に合わないために示談書をどうするか

しかしだからといって、示談金(店のいう罰金)を払って、それで終わるのかというのが一番心配です。

店がお金を払う際に、示談書を渡すといっているが、その内容は信頼できるものなのかという問題もあります。

実際のところ、当方が過去に相談者に見せてもらった店が作成した示談書で、店の名前や責任者が全く書かれていない、とても示談書とは呼べないようなシロモノもありました。

したがって、もし拒否する、無視するという選択ができないという方は、相手の言うままに示談書にサインするのは絶対にやめた方がいいと言えます。

もし、やむなく示談金を払うのであれば、次のポイントが重要です。

  1. 店の名前が入っていていること
  2. サイン欄に、店の名前、責任者の役職、サインが入っていること
  3. 責任者の身分証を確認すること
  4. 出来れば、店の風俗営業届けの提示を求めること
  5. 今後、連絡、接触をしないという条文が入っていること
  6. 今後、いかなる請求もしないという主旨の条文(精算条項)が入っていること


など

本人だけでは不安な場合は、専門家に任せたほうがいいでしょう。
第三者が入ることで相手は警戒して慎重になりますし、また、相手に対して釘を刺す効果もありますので、あとで揺すられる心配もなくなります。
とくにデリヘルのような風俗店とのトラブルでは、普段の社会生活では想定できないことが頻繁にありますので、できるかぎり本人だけで対処しないほうが安全です。

 

 



風俗詐欺 電話無料相談

無料相談はこちらから

TEL 090−1840−3541 
行政書士 江川雄一

 (電話にでられないときは、確認しだい折り返しておりますが、ショートメールで「風俗詐欺」といれて送って頂けた方は、優先的に折り返し致します。

 

《風俗トラブルに強い事務所です!!》

行政書士 江川雄一事務所 
東京都豊島区目白4-31-11−101 

新宿、渋谷、池袋などで面談可。

遠方の出張はご相談下さい。相談は全国対応。

名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、仙台、青森などでの受任実績もあります。


TEL 03-6915-3854(無料相談は携帯番号へお願い致します)

 

風俗詐欺 メール無料相談

携帯電話から送信される方は、返信してもエラーになるときがありますので、できるだけ携帯電話番号も記入されることをおすすめします。

メモ: * は入力必須項目です