回春エステ、性感マッサージでの本番トラブルの示談

 回春エステ、性感マッサージという業態の風俗店が増えているようですが、他の風俗店同様、本番を強要してトラブルになった、あるいは合意で本番をしたのに強要したと言われて罰金を要求されたという相談があとをたちません。


 たいていの客は強姦事件になることを恐れて示談しますが、個人情報を取られてしまい、会社にばれるんではないか、あとでまたゆすられるんではないか、家族にばれるんじゃないか等々の心配をされます。また、個人情報を取られたことで実質的に恐喝を受けているような状態になり、示談で法外な金額を要求されることもあります。

 

 では、示談をする場合、どう対処したらよいでしょうか。

そのまま交渉せず示談する場合

 回春エステ、性感マッサージのような性風俗店で本番行為がばれると、罰金や示談金を払えといわれて男性スタッフに念書を書かされ、そして身分証をコピー されるというパターンがほとんどですが、この場合、30万円あるいは50万円といったレベルでの要求であれば、あえて減額交渉せず、すぐに終わらせたいという方 は少なくありません。免許証や保険証のコピーを取られているので、早く終わらせたいというのは人情でしょう。仮に強姦でないという場合でも、30万円か 50万円ならその後の労力や費用、時間を考えれば、議論したり争ったりしないほうがいいという考えは一つの選択としてありえることです。

 示談書を作る際、もし双方に主張や認識の食い違いがあるなら、「早期解決の観点から事実関係についての議論はしない」という注記を入れたうえで、和解金ないし解決金という名目で示談手続きを済ませる方法があります。実務ではよくあることです。

 

 性行為が合意かどうかにかかわらず、示談が成立したら秘密保持義務条項や、会社や自宅に連絡や接触をしないことを確認する文言を入れ、さらに刑事処罰を望まない旨の条項もいれておくことでその後のトラブルを防止できます。

 ただし、回春エステなどの性風俗店の場合、サインする人間の本人確認作業は簡単ではないので、士業を使って示談手続きをすることをお勧めします。

 

回春エステ店の男性スタッフから脅迫、恐喝を受けている場合

 合意で性行為したつもりなのに店に通報された場合は、悪質店である可能性があります。ただ、合意かどうかは微妙で、女性と客の認識や受け取り方の違いか らトラブルになっている可能性もあります。もし、女性に暴力や脅迫をしてしまい、即座に警察を呼ばれたような場合は、まよわず弁護士をつけたほうがいいで しょう。

 

 合意かどうかはこのように、いろいろなパターンが考えられるわけですが、店の男性スタッフから脅迫、恐喝された場合、問題が複雑になります。しかし、冷静に対処すれば、恐れることはありません。


 まず、女性が被害感情を持っていないことが明らかなら、店がどれだけ脅して騒ぎたてても刑事リスク、逮捕リスクは心配する必要はありません。強姦罪は本人 でないと告訴できませんから、店が示談金目的で、告訴や被害届けを出すことはできません。悪質な店が女性と共謀して虚偽の告訴をするのではないかという心 配もありますが、仮にそういうことを繰り返していれば恐喝罪や虚偽告訴罪で店が摘発されますから、常習的に店がそういうことをすることは容易ではありませ ん。

 さて、30万円〜50万円程度であれば、個人情報を取られてしまったので、細かいことは議論せず示談にしてしまいたいという気持ちもあるでしょう。実際、そういう処置は行われることが少なくありません。

 

 そのような場合は、前項でも説明したような示談書の手続きをおこなっておけばその後のトラブルを予防できます。

 

  一方、相手が300万円や500万円を強硬に要求して脅迫するような場合、長引く可能性があるので機会をみて録音しておくとよいでしょう。あとで役にたつ 可能性があります。仮に、客が実際に強姦まがいのことをしていた場合でも、法外な金銭を要求している証拠があれば、警察は強姦事件として受けることに慎重 になります。

 

 なお、相手の提示が30万円〜50万円で、とくに減額交渉しないという場合は、行政書士に示談書の手続きを任せれば、比較的費用は安く済みます。

 

 いずれの場合でも、こうした強硬な店に本人だけで対応し、店の用意する示談書にそのままサインするのは危険ですから注意して下さい。

 

風俗トラブルに強い行政書士です

  申し遅れました。私は、東京を拠点に活動する行政書士です。回春エステなどの風俗トラブルは得意分野で、当サイト『風俗トラブル相談110番』を通じ、全国に相談対応しています。

 行政書士は、書類作成 を専門にする士業です。示談書を作成代行するのも行政書士の業務です。また、誓約書、念書などの書類の相談にも対応できます。ちなみに、風俗店が義務づけられている風俗営業許可(届け出)申請も行政書士の取り扱 い分野ですから、他の士業にくらべて、回春エステなどの風俗の問題には自然と詳しくなります。
 
 風俗店の本番行為トラブルでは、次のようなことを行います。

 

会社や家族に知られることなく、示談書作成を代行する
示談書に、秘密保持義務、身分証のコピー破棄の誓約についての条文をいれる
相手の身分証の確認をしっかり行う

 

 これらのことを一般の人が一人で行うのは大変な負担です。やはり専門家のサポートがどうしても必要になってきます。

 

 当方では、風俗トラブルの相談と書類作成に多数の実績・経験があります。

 あなたは今一人で悩んでいますか? もしかしたら夜も寝られない状況ではないしょうか?


 もしそうなら、この『風俗トラブル相談110番』から、電話・メールで無料相談(10分程度)ができますので、いますぐ相談してみて下さい。

 依頼するかどうか決めていなくてもだいじょうぶです。とりあえず、相談だけしてみたいという方も大歓迎です。アドバイスを受けるだけで、気持ちが楽になると思います。

 

回春エステ本番トラブル 電話無料相談

無料相談はこちらから

TEL 090−1840−3541 
行政書士 江川雄一

 (電話にでられないときは、確認しだい折り返しておりますが、ショートメールで「風俗本番トラブル」といれて送って頂けた方は、優先的に折り返し致します。

 

《風俗トラブル相談に強い事務所です!!》

行政書士 江川雄一事務所 
東京都豊島区目白4-31-11−101 

新宿、渋谷、池袋などで面談可。遠方の出張はご相談下さい。
TEL 03-6915-3854(風俗本番トラブルの無料相談は携帯番号へお願いします)

 

回春エステ本番トラブル メール無料相談

携帯電話から送信される方は、返信してもエラーになるときがありますので、できるだけ携帯電話番号も記入されることをおすすめします。

メモ: * は入力必須項目です


風俗トラブル相談110番 関連ページ