デリヘルトラブル 〜 夜間・土日可 電話無料相談

デリヘルトラブルに詳しい行政書士が強力サポート
個人情報の悪用をブロック!!

デリヘルトラブルの無料相談はこちらから

TEL 090−1840−3541 
行政書士 江川雄一

 (電話にでられないときは、確認しだい折り返しておりますが、ショートメールで「デリヘルトラブル」といれて送って頂けた方は、優先的に折り返し致します。

 

《風俗ラブル相談に強い事務所です!!》

行政書士 江川雄一事務所 
東京都豊島区目白4-31-11−101 

新宿、渋谷、池袋などで面談可。遠方の出張はご相談下さい。
TEL 03-6915-3854(デリヘルトラブルのご相談は携帯番号へお願い致します)


デリヘルトラブルで、困ったら

 盗撮発覚や本番行為の発覚でデリヘルトラブルにあわれている方は、デリヘルトラブルに詳しい行政書士が、適切な示談書作成と助言であなたをサポートいたします。
 東京、神奈川、千葉、埼玉であれば、即日お会いすることもできます。
 遠方の方でも、緊急事態であれば、電話で取り急ぎ、アドバイスをさせて頂きます。
 デリヘルなどの風俗店での盗撮や本番行為トラブルでは、適切な示談書を作ることがなにより大切です。
 行政書士は、デリヘルトラブルで個人情報を悪用されないように、あなたを強力にサポート致します。

デリヘルで本番行為がばれた

 本番行為がばれてデリヘルでトラブルになっている方は、強姦罪で訴えられる心配をしているかと思います。暴行・脅迫をつかって本番強要したのなら通常の男女と同様、その可能性に慎重に対応しなければいけません。しかし、そうでない場合、警察が介入することはほとんどありません。デリヘルトラブルの場合、そのサービスの性質から通常の男女の性トラブルより警察は消極的です。
 デリヘルトラブルでは、個人情報を守るために、あえて和解金を払い、示談書を作成して終わらせるというのも方法もあります。盗撮や本番などのデリヘルトラブルでは、免許証など身分証をとられたりコピーされたりしてしまうことが多いので、会社や家族にばれたくないという人は、そうした対処が有効です。
 

 さらにくわしくみる ☞ ★風俗での本番トラブル相談

 

デリヘルで盗撮がばれた

 盗撮がばれてデリヘルでトラブルになっている方は、軽犯罪法の「のぞきの罪」に該当する可能性があります。ただ、警察がこうしたデリヘルトラブルを事件として扱うのはあまり積極的ではありません。
 しかし、万全を期すため、また、個人情報を守るために示談をしておくほうが安心です。とくにデリヘルトラブルでは、スマホを取られたり身分証をとられたりしますので、個人情報を守るためには、そうした選択が必要になることがあります。その場合、やはり適切な示談書を作成して、個人情報の悪用やその他のトラブルがないようにしておかなければいけません。


 さらにくわしくみる ☞ ☆風俗での盗撮トラブル相談

 

デリヘルトラブルのメール無料相談

携帯電話から送信される方は、返信してもエラーになるときがありますので、できるだけ携帯電話番号も記入されることをおすすめします。

メモ: * は入力必須項目です