キャバクラの風紀罰金は有効?違法?

キャバクラでは、風紀違反の罰金がある

 キャバクラのボーイとキャストができてしまうことを風紀違反と言いますが、ほとんどの店ではこの風紀違反に法外ともいえる罰金を規則に入れています。

 入店する際、誓約書、念書を書かされたり契約書に罰金ルールが書かれていたりするのが一般的で、実際に風紀違反がばれると、50万円、100万円といった高額な金額を要求されます。

 

なぜ、店は風紀問題にうるさいのか

 では、なぜどこの店にもこのような法外な風紀違反の罰金ルールがあるのでしょうか・・・
 キャバクラはいうまでもなく、質の高いキャストを多く集め、いかにやる気を出させるかが売り上げに大きく影響する商売です。そして、どの店もキャスト同士の競争がありますが、女性同士のいじめもあれば、足の引っ張り合いもおこってきます。


 

 さて、そういうところでボーイとキャストができたりすると、やはり店の運営がうまくいかなくなります。店の雰囲気が悪くなり、人気のあるキャストに辞められたりすれば、店は大きな打撃を受けることになります。
 そのため店は店内交際、店内恋愛を禁止とし、風紀違反は罰金50万、あるいは100万円などという法外ともいえる厳しいルールをつくるわけです。(法律的に違法かは後半で詳述します。)

 

帰りの送りの車中で二人きりになり親密に・・・・・

 ところで、ボーイとキャストがどこでできるかといえば、深夜電車がなくなってからキャストを送る車のなかが圧倒的のようです。何人か順番に送り届け、最後にボーイのお目当てのキャストが残るようにして、キャストがボーイに愚痴を聞いてもらったりしているうちに・・・・・・というパターンが多いようです。

 


  しかし、女の園ではうわさは光の速さでかけめぐります。他のキャストが送りの翌日に適当なうわさを流す場合もあるそうですが、店長にかまをかけられ、うっかり自白してしまい、ことが発覚してしまいます。そうするとボーイはぼこぼこに殴られ、法外な罰金を課せられる・・・キャバクラでは、この手の話があとをたちません。

 

罰金の誓約書、契約書、念書は、法律では有効?違法?

 本題にはいりましょう。

 それでは、50万円、100万円といった罰金は有効なのでしょうか。


 法律上は、労働基準法でこのような罰金規則を設定することは禁止されています。だからもし、入店時にそういう誓約書や契約書を書かされていたとしても違法であり、無効です。(労働基準法第16条、13条)


 また、これとは別に風紀違反がばれたとき、示談書や借用書を書かされてしまうケースもありますが、多人数で脅されたり殴られたりして書かされた示談書や借用書は無効となります。この場合、恐喝罪で、店の責任者が罰せられることもありえます。


 

 ただ、一度書かされたものは一応証拠として形が残りますから、そのままにしておいてはいけません。早急に対処が必要です。

 

罰金を払わずに店を辞めたい

 いけないとわかっているけど、ついつい風紀違反をしてしまい、罰金50万円を言い渡される。そして罰金を払い終わるまで給料から天引きするといわれ、毎月数万円しか給料が支払われず、生活もできない、でも辞めたくても辞めさせてももらえない・・・こんな相談がよくあります。


 このような場合、店をうまく辞めるには、どうすればよいでしょうか。

 



  まず、法律上の観点からいうと、暴力や脅迫で強制労働させた場合、労働基準法第5条違反となります。これには意外と重い罰則があり、「1年以上10年以下の懲役または20万円以上 300万円以下の罰金」と規定されています。(117条)


 また、一括でお金を払えない従業員に借用書を書かせ、払い終わるまで辞めさせないというのも、風俗営業法違反となります。

 


 ですから、店がそういうことをしたら、違法行為があったとして営業許可取り消しや業務停止処分などの問題になる可能性があります。

 

 ただ、そうはいっても、夜の世界は法律が通用しないのではないと心配する人もいるでしょう。実際に業界の暗黙のルールのようなものはありますし、たしかに、労働基準法や風俗営業法をボーイやキャストが持ち出して反論したとしても、上の人から怒鳴られて(場合によっては殴られて)話は終わってしまうでしょう。


 そこで、話がおだやかにできない場合は、行政書士のような士業から内容証明郵便で退店届けを出すというのが安全です。
 内容証明郵便というのは、公的機関に、出した郵便の中の文章も保存されます。(謄本というやつです。)
 内容証明郵便で退店届けを出して、労働基準法や風俗営業法についての注意書きをいれておけば、非常に効果があります。普通のキャバクラ経営者であれば、お店が営業許可取り消しや業務停止になるようなリスクは犯したくないですから。


 以上、キャバクラ風紀罰金について基本的な情報をお伝えしましたが、個々の事情によってわからないことも多々あるでしょう。もし、いまどうしたらよいか迷っている方は、メールや電話の無料相談から、とりあえず相談してみましょう。

 



風俗トラブル 電話無料相談

無料相談はこちらから

TEL 090−1840−3541 
行政書士 江川雄一

 (電話にでられないときは、確認しだい折り返しておりますが、ショートメールで「デリヘルトラブル」といれて送って頂けた方は、優先的に折り返し致します。

 

《風俗トラブルに強い事務所です!!》

行政書士 江川雄一事務所 
東京都豊島区目白4-31-11−101 

新宿、渋谷、池袋などで面談可。

遠方の出張はご相談下さい。相談は全国対応。

名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、仙台、青森などでの受任実績もあります。


TEL 03-6915-3854(風俗トラブルの無料相談は上の携帯番号へお願い致します)

 

風俗トラブル メール無料相談

携帯電話から送信される方は、返信してもエラーになるときがありますので、できるだけ携帯電話番号も記入されることをおすすめします。

メモ: * は入力必須項目です