キャバクラ男性従業員の風紀違反と罰金

キャバクラでは、風紀違反の罰金がある

 キャバクラの男性従業員(ボーイ)が店の嬢とできると、風紀違反とされ、大変なことになる。ほとんどの店では風紀違反に高額な罰金を設定している。
 入店する際、誓約書、念書を書かされたり契約書に罰金ルールが書かれていたりするのが一般的だ。

 

なぜ、店は風紀問題に厳しいのか

 では、なぜどこの店にも風紀違反の罰金ルールがあるのだろうか。
 キャバクラが嬢を管理していくのは、関係者によれば大変なことらしい。そして 嬢の働きが店の売上げを左右する。どの店もホステス同士の厳しい競争があるが、女性同士のいじめもあれば、嫉妬での足の引っ張り合いもある・・・・・・そ ういうなかに男性スタッフがいるというのは、ある意味、異常な状態のようだ。
 そういう場所でボーイと嬢ができたりすると、店の運営がうまくいかなくなることが少なくないとのこと。店の雰囲気が悪くなり、人気の嬢に辞められたりすることにもつながりかねないのだそうだ。
 細かいことは現場の人間でないので、うまく説明できないが、要するに店にとって風紀問題はそれだけダメージが大きいという実情があるらしい。
 というわけで、風紀違反は罰金50万、あるいは100万円などとなっており、それが業界の当たり前になっている。

 

帰りの送りの車中で二人きりになり親密に・・・・・

 ボーイと嬢がどこでできるかといえば、深夜電車がなくなってから、嬢を送る際の車のなかが圧倒的のようだ。多くは一時的な遊びのようだが、なかには結婚するカップルもいる。
 何人か順番に送り届け、最後にボーイのお目当ての嬢が残るようにする。そして、嬢はボーイに愚痴を聞いてもらったりする。そうこうするうちに・・・・・・ということらしい。 
  しかし、女の園では、情報は光の速さでかけめぐる。どこからかとなく店にばれ、ボーイは上の人間からぼこぼこに殴られ、法外な罰金を課せられたという話が あとをたたない。単に、他の嬢が送りの翌日に適当な噂を流す場合も多いようだが、図星なら店長から問い詰められて、あっけなく自白することになる。

 

罰金の誓約書、契約書、念書は有効か、その効力

 ならば、50万円、100万円といった罰金は有効なのだろうか。法律上は労働基準法でこのような罰金規則を設定することは禁止されている。仮に入店時にそういう誓約書や契約書を書かされていたとしても無効だ。(労働基準法第16条、13条)
 じゃあ、発覚時に念書や示談書を書かされたらどうかといえば、多人数で脅されたり殴られたりして書かされた念書、示談書は無効だ。恐喝罪で、店の責任者が罰せられることもありうる。

 

店を辞めるには

 こういう流れになったとき、店から罰金を払い終わるまで給料から天引きするといわれ、数万円しか給料が支払われず、辞めたくても辞めさせてももらえないという相談がよくある。この場合、店をうまく辞めるには、どうすればよいか。

  まず法律上の観点からいうと、暴力や脅迫で強制労働させた場合、労働基準法第5条違反となり、117条で、1年以上10年以下の懲役または20万円以上 300万円以下の罰金と規定されている。さらに、風俗営業法では、労働基準法117条で罰せられたものは、風俗営業許可の取り消し理由になり(4条1項② 号へ)、また、直接、不相当に高額な債務を負わせて拘束することを直接禁止している。(18条の2)よって、行政指導や業務停止処分などの理由になりう る。業界の掟だなどといっても、いざ公になれば、店にとっては死活問題になるかねない。

 しかし、夜の街は法律が通用する世界ではないと反論する人もいるだろう。街で会ったら何をされるかわからないと思って、このサイトにたどり着いた人も多いに違いない。確かに夜の街はブラックな部分がある。だが、法律は使い方しだいだ。

 このような場合は、行政書士のような士業から内容証明郵便で退店届けを出すのが安全だ。内容証明は公の機関に謄本が残るし、第三者の事務所から出すことで、労働者の主張に一定の客観性が保てる。
  その際に、労働基準法や風俗営業法についての注意書きをいれておけば、非常に効果がある。普通のキャバクラ経営者は、店が許可取り消しや業務停止になるよ うなリスクまでは犯さない。もし、比較的新しい店でそういうことを繰り返している場合は、遅かれ早かれ行政処分や摘発を受けることになるはずだ。

 



風俗トラブル 電話無料相談

無料相談はこちらから

TEL 090−1840−3541 
行政書士 江川雄一

 (電話にでられないときは、確認しだい折り返しておりますが、ショートメールで「デリヘルトラブル」といれて送って頂けた方は、優先的に折り返し致します。

 

《風俗トラブルに強い事務所です!!》

行政書士 江川雄一事務所 
東京都豊島区目白4-31-11−101 

新宿、渋谷、池袋などで面談可。

遠方の出張はご相談下さい。相談は全国対応。

名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、仙台、青森などでの受任実績もあります。


TEL 03-6915-3854(風俗トラブルの無料相談は上の携帯番号へお願い致します)

 

風俗トラブル メール無料相談

携帯電話から送信される方は、返信してもエラーになるときがありますので、できるだけ携帯電話番号も記入されることをおすすめします。

メモ: * は入力必須項目です